胃にがんが発見されたら|足の血管が目立つ原因は|効果的な対策方法
ナース

足の血管が目立つ原因は|効果的な対策方法

胃にがんが発見されたら

ナース

定期検診は大切です

がんの転移とは、がんが発生した場所からリンパや血液の流れを通じて新しい場所で成長を始めることを言います。胃がんの場合、一般的なものだとゆっくり時間をかけて成長していきますので、転移は少ないほうだと言えるでしょう。ですので、がんの検診を受診することによって、転移する前の初期段階で発見することができます。早期に発見できると、手術などによって比較的簡単に取り除くことができますので、完治できる場合が大半です。しかしスキルス胃がんという胃壁の中で成長する胃がんの場合は、定期検診でも発見されにくく成長が早いことが特徴です。定期検診ですべての胃がんを発見できるわけではありませんが、やはり早期発見できる可能性の高い定期検診は大切なものです。

がんが進行していた場合は

胃がんが転移しやすい臓器とはどこでしょうか。第一にリンパ節や腹膜への転移です。早い段階で発見された場合でもリンパ節に転移していることはよく見られます。その場合は、手術でリンパ節も切除します。手術で転移したリンパ節も切除できると完治できる場合が多いです。次に転移がよくみられる場所は肺や肝臓です。リンパ節だけでなく、他の臓器への転移もみられる場合は、全身にがんが広がっていることが考えられますので、手術ではなく抗がん剤による治療となります。しかし治療といっても、がんと共存して延命することを目的としたものとなります。抗がん剤による副作用と生活の質のバランスを考えながら、その人にあった治療法を探っていくことになります。